そうはちブログ

ジャンパー膝なら羽咋市のたかたはりきゅう接骨院へ

投稿日:

ジャンパー膝の痛みにお悩みのあなたへ

こんなお悩みはありませんか?

・膝が痛く部活を休んでいる

・整形外科に行ってジャンパー膝と言われが一向に改善しない

・マッサージ・電気治療しか受けていない

・早く部活に復帰したい

ジャンパー膝はアスリートを悩ますスポーツ障害の一つです。

ジャンプ動作などの繰り返しにより発生する膝蓋靭帯炎および

大腿四頭筋腱付着部炎を言います。

ジャンプ動作の多用により発生する、使いすぎ障害が大きな原因です。

膝蓋靱帯炎は男性に多く、膝のお皿の(膝蓋骨)と脛骨(すねの骨)を

つなぐ膝蓋靱帯に強い負荷がかかっています。

女性に多いのが膝蓋軟骨軟化症です。これはオーバーワークや膝が

内側に倒れこむ走り方(いわゆる内股走り)が原因でお皿(膝蓋骨)が

外側にズレて、膝蓋骨の内側の軟骨に栄養が行きわたらなくなります。

それが繰り返されて、軟骨に亀裂が走ったり、傷害を起こして軟らかくなって痛みを生じます。

ジャンパー膝とは名前が示すごとく、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を

頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多く

みられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。

10~20歳くらいの年齢によく見られ、特に骨の成長が一段落する高校生以降の男子、背の高い人など

に多く見られます。これは、成長期において骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉は硬く、腱も

伸ばされた状態になり、膝の柔軟性が落ちて衝撃の吸収力が低下するためです。

なお、10歳前後の男子に多く見られる、膝蓋骨の下端の炎症や石灰化、部分的な剥離骨折を生じた

障害をシンディング・ラーセン・ヨハンソン病を言います。

 ジャンパー膝はどこに起きやすいの?

ジャンパー膝は大きく分けて3つの痛みの部位に分類されますjanpa01

①大腿四頭筋腱の膝蓋骨付着部

(お皿の上の赤丸の部分)

②膝蓋腱の膝蓋骨付着部

(真ん中の赤丸の部分)

③膝蓋腱の脛骨粗面付着部

(一番下の赤丸の部分)

このうち最も多いのが真ん中の膝蓋腱の膝蓋骨

付着部の炎症です。

症状は緩徐に進行することが多く、慢性的に経過するため、治療に難渋しスポーツへの復帰に長時間を要する

ことが多いのが現状です。発生時期は不明瞭で『段々痛くなってきた』と訴えるのが多いです。

初期はスポーツ活動の痛みですが、ひどくなるとスポーツパフォーマンスが低下し、日常生活においても歩行

や階段昇降が困難になります。

 

ジャンパー膝はどんな治療をしていくの?

今までの考え方ですと、ジャンパー膝の原因は大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)が硬く、伸びが悪いのが

原因と考えられて大腿四頭筋を緩めたり、ストレッチをすることを奨励することが多かったのです。

ですが、最近の考えは少しづつ変化しています。大腿四頭筋に柔軟性があってもジャンパー膝になる人が

いるということが多く、大腿四頭筋の伸びが悪いだけが原因ではないと考えれてきたのです。

痛みが起こるジャンプやスクワットなどの運動は膝の屈伸だけでなく、股関節や足関節も協調して曲がって

いく動きなので、どの動きが原因で膝に痛みが出ているかを見極めることが必要になります。

特に、骨盤の後傾、膝の内反は外反、足関節の固さ、偏平足の有無などが関係していると言われています。

当院では、ジャンパー膝の痛みがどこから来ているのかを確認して、的確な施術を行うことによって

早期に痛みを取り除くことが可能です。

 

また、ジャンパー膝は基本的には疲労性のものであるので、重症の場合は、治療期間の間は

スポーツを休んで頂くこともあります。

羽咋市のたかたはりきゅう接骨院にご相談下さい。

 

最近、練習は休めないけど、ジャンパー膝を治して下さいという患者さんが非常に多いです。

もちろん当院でも全力を尽くして治療を行いますが、原則として治療期間中は運動禁止

もしくは痛みのないレベルでの運動に制限してもらっています。

これがジャンパー膝を治す最善・最短の方法だからです。

大事な時間とお金を使って治療に来て頂いてるので、こちらとしても少しでも効果をあげて、

早く現場復帰させてあげたいと思っていますので、当院の方針にご協力頂けない場合は

治療をお断りする可能性もございます。

宜しくお願いします。

-そうはちブログ

Copyright© 羽咋市の接骨院ならたかたはりきゅう接骨院へ。交通事故専門施術も定評あり , 2019 AllRights Reserved.