そうはちブログ

羽咋市で交通事故のむち打ちならたかたはりきゅう接骨院へ

投稿日:

交通事故お困りですか?

交通事故治療とは、交通事故に遭われてしまった方が、接骨院に通って治療を行うことです。
捻挫や打撲、そしてむち打ちなどの症状を改善するために通院を続けます。
しかし、やはり患者さんにとっては非常に辛いものになります。
具体的には、どういった時に辛いと感じるのでしょうか。

身体的つらさ

一番辛いのは、やはり体の状態です。
特に足を負傷された方は、歩行することが難しくなるため、松葉づえなどを持たなければなりません。
つえをつくという慣れない行動をすることで、必要以上に疲れますし、やはり移動も大変です。
片方の足にも必要以上に負荷がかかってしまうため、筋肉痛になりやすくなります。

もっと辛いのはむちうち症です。
首を動かせなかったり肩こりがひどくなるなど、普通に座っているだけでも辛くなります。
それだけではなく、頭痛や吐き気、めまいなども起こすようになり、生活するだけでも大変です。
全身にだるさを感じ、仕事や家事などができず、どんどん弱っていってしまいます。

心への負担もある

体が辛くなるということと比例して、心への負担も大きくなります。

例えば、先ほど足を負傷した人が松葉づえをつくことになり大変だということを述べましたが、辛いのは体だけではありません。
周囲から見られることや、必要以上に周りに気を遣わせてしまうこと、当たり前のことができなくなることで、心が落ち込んでいってしまう人も大勢いらっしゃいます。

むちうちもまた、全身に違和感を感じるため、毎日朝起きるたびに痛みを感じ、朝からテンションが下がってしまいます。
やはり体が不調になるということは、同時に心も不調になりやすくなります。

お困りのことがあれば羽咋市のたかたはりきゅう接骨院へご相談ください。

-そうはちブログ

Copyright© 羽咋市の接骨院ならたかたはりきゅう接骨院へ。交通事故専門施術も定評あり , 2019 AllRights Reserved.